読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚か者が吹く笛の音に雲が笑う

愚か者が漏らす戯言

原発のリスクと温暖化のリスク

【本当に脱原発でいいのだろうか!?】

東日本大震災によって、福島で事故が起こって悲惨な事になり、原発に対する風当たりも強くなってきた。

それが現状の反原発脱原発という流れに繋がったのだろう。

しかし、それで本当に問題解決に繋がるのか。

勿論、将来的には、原発を使わなくて済む様になれば、その方がいいだろう。

でも、今すぐ、となると疑問も感じるんだよね。

そもそも、何故、我々は原発に頼らざるを得なくなったのか。

人間社会の発展と共に消費されるエネルギーが莫大なものになってきた。

そして、そのエネルギーの殆どを石油等の化石燃料に著しく依存をしてきたよね。

その結果、化石燃料の枯渇という問題と温室効果ガスの排出過多による地球温暖化の問題が取り沙汰される様になった。

それを解決する、或いは改善する為に原子力エネルギーに我々は手を出したんじゃないのかな。

現在、化石燃料の枯渇に関しては、新たに別の化石燃料が見つかってきたりして、そんなにすぐには枯渇する事はなさそうに思える。

一方、地球温暖化の問題は年々、深刻化している様に思うんだよね。

にも関わらずに、温暖化対策よりも、脱原発を優先していいものなのだろうか。

【日本の原発政策】

そこで先ず、日本の原発政策について考えるてみる。

私は日本政府の原発政策の進め方に問題があった様に思うんだ。

本来であれば国民に原発の危険性を十分に知って貰った上で、その必要性を説いて原発政策を進めるべきであっただろう。

それをせずに、安全であると、ある意味、国民を騙して原発政策を進めてきた。

それが、そもそもの大きな問題だとは思う。

だから、福島の事故という現実を目の当たりにする事により、原発に対する拒否感情を不必要に高めてしまった面もあるだろう。

そういう意味でも、日本政府の原発政策の進め方が最大の過ちであるとは思う。

それでも我々は選択をしていかなければならない。

何を優先すべきか。

【人間社会の発展を優先】

此処まで原子力エネルギーが広まる前であれば、人間社会の発展を犠牲にする事で原子力エネルギーに頼らない選択もあっただろう。

最初から原子力エネルギーの危険性が明らかになっていれば、市民はそれを受け入れる事は出来なかったかもしれない。

でも現実は、安全性の確保が出来ないままに、人間社会の発展を優先して原発政策を進めてきた。

それも大きな問題ではあるけど、これは日本に限った事ではなく世界、特に先進国の問題でもあるよね。

要するに見切り発車をしてしまった事。

それは人間社会の発展を優先してしまったから、でもある。

でも、それらは全て、今更、なんだよね。

そして、今、これから、我々は何を選択すべきか。

何を優先すべきか。

【同じ過ちを繰り返すのではないか!?】

此処まで騙されてきた市民からすれば、見切り発車の原発政策を今後も進める事に納得が出来なかったりもするだろう。

しかし、もう此処まで進めて来ちゃったんだよね。

今、此処で原発政策を止めてしまう事は、見切り発車で原発政策を進めてきた事と同じ過ちを繰り返す事になると思うんだ。

だから、原子力エネルギーに代替するエネルギー、或いは、原発政策に代替する有効な温暖化対策。

それらが登場し普及するまで原発政策は止めるべきではないと私は思う。

寧ろ、それらが普及してくれば、わざわざ脱原発なんて言わなくても、自然と脱原発はなされていくと思うんだ。

原発に肯定的な意見を持っている人だって、その危険性は理解しているだろうから。

そして原発政策を進めながら、より安全に原発を運用が出来る様に努めて、尚且つ、原子力に対する技術と知識と経験を蓄積していく。

それが将来において、脱原発がなされて原発廃炉にする際に活きてくるのではないか。

廃炉のプロセスすら確立が出来ていない状態で脱原発を進めていく事も、安全性の確保が出来ないままに、原発政策を進めてきた事と同じではないか。

また、同じ様な過ちを繰り返すの!?

【私なりの結論】

だから、私は思う。

今は前を向いて進んでいくべきじゃないかと。

そして原発のリスクを負う事で、温暖化のリスクを減らす事にも繋がると思うんだ。

とにかく、もっと温暖化対策はしなければならないだろう。

可能な限り、原発のリスクを負ってでも。

そうする事で温暖化に端を発する様な自然災害に見舞われる確率や、自然災害の規模を小さくする事も出来るのではないか。

例えば、もっと温暖化対策がしっかり出来ていれば、東日本大震災だって、小規模な地震で済ます事も出来たのかもしれない。

そんな風に私は思ったりする。

だから、何かが起こった時の危険性に怯えるよりも、その何かが起こる危険性を下げていく努力を選択すべきだと私は思う。

目の前の恐怖に囚われて、将来のリスクを高めてしまわない様に気をつける必要があるのではないか。

その為に、原発のリスクを負って、温暖化に対するリスクを減らす努力をする。

私はそっちの方がいい様に思うのです。

転載元URL(2016.10.2)
http://next.spotlight-media.jp/article/331317096630304232
尚、上記URLは現在はありません。
運営の方に公開を止められてしまったので。
よって下記URLに転載。
http://ameblo.jp/gushax2/entry-12206136128.html
これを機にSpotlightへの投稿は終了したいと思う。