読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚か者が吹く笛の音に雲が笑う

愚か者が漏らす戯言

「賞」って一体、、、蓮實氏の三島由紀夫賞受賞会見を見て生じた疑問

蓮實氏の三島由紀夫賞受賞会見の件。

私は最初、蓮實氏の言動を「自分の様に老いた者よりも若者にチャンスを与えてやって欲しい」という様な受け取り方をしていた。

そして、それはそうなのかもしれないが、ノミネートの段階で打診があり、そこで断る事が出来るという事を私は後から知った。

そうであるならば、受賞会見であの様な発言をするよりも、ノミネートの段階で断る方がマナーとして、いい様には思った。

しかし、もし、ノミネートの段階で断ったら、その過程は我々一般人には知らされないまま「若者にチャンスを」というメッセージは伝わらないのかもしれない。

勿論、どの様な主張であれ、ルールやマナーまで破る事には疑問を感じはする。

だから、事前に打診があるのであれば、そこで断るべきだとは思う。

その上で主張すべき事があるのであれば、別の手段で主張すべきなのではないか。

あの様な場であの様な言動は、ちょっと大人げない様にも思う。

でも、そこで「賞」というもの自体に疑問が出てきた。

事前に「賞」を受ける気があるのかの打診がある事が、どうなんだろう。

「賞」を受ける気のある者にしか、「賞」を与えないというのであれば、それはある意味、出来レースだよね。

そんな出来レースの結果だけを知らされて、我々市民はその結果を鵜呑みにしていいのだろうか。

そもそも「賞」というのは成果に対する評価のはず。

その評価は評価する側の問題だろう。

評価を受ける側の意向に左右されるものではないと思う。

あくまでも「賞」を与える側の評価としての「賞」なのだ。

それを相手の意向に左右させてしまったら、自らの評価を否定する事にもなるだろう。

「賞」を与える側の評価は、それはそれでいい。

その上で評価される側が、その評価をどう受け取るか。

素直に「賞」を受け取ってもいいし、評価に対する異論や不満がある場合は「賞」を辞退する事も選択肢になる。

それが本来あるべき「賞」の姿なのではないか。

そして我々が見たいのは、決して出来レースの結果ではない。

それぞれの評価が見たいのだ。

「賞」を与える側の評価。

「賞」を受ける側は、その評価を評価する。

それらを見た上で、我々市民も一人一人、自分で評価をする。

そうあるべきではないのか。

少なくとも私はそう思う。

転載元URL(2016.5.19)
http://next.spotlight-media.jp/article/282336377639903334